脱毛サロンで髭を永久脱毛すると青ひげは綺麗に解消されるの?

あまりに髭の濃い方は、せっかく髭を剃っても青ひげが残ってしまい、かなり苦労されているケースや、強いコンプレックスを抱えているケースもあります。
青ひげに悩んでいる方は少なくありませんが、脱毛サロンへ通って永久脱毛すると、そんな青ひげを綺麗に解消することは出来るのでしょうか?

 

そもそもなぜ青ひげになってしまうのかといえば、綺麗に毛を剃っても皮膚の奥にある毛根が透けて見えてしまうからです。
さらには、カミソリによる刺激によって肌へのダメージとなり、防衛本能が働くことで色素沈着も発生しているのです。
髭が濃ければ濃いほどカミソリ負けを発生させ、衛生的に見ても良くありません。

 

しかし脱毛サロンでは、毛根へ特別な光を直接送り込むことで構造的に発毛できなくしてしまいます。
髭が生えなくなるということは毛根の毛も綺麗になくなり、カミソリで処理する必要もほとんど無くなりるので、青ひげの原因となっていた問題はすべて解消されてしまうのです。
このようなひげ脱毛の効果は、サロンやクリニックへ通い初めてからおおむね6回前後で実感できるくらいに現れてくると言われていますが、肌が白い方の場合は、毛の減少がより目立って見えるのでもっと早く効果を実感できる場合もあります。

 

脱毛サロンでは、脱毛と同時に肌をケアするためのエステの施術を同時に行うのが一般的です。
つまり青ひげを解消するだけでなく、肌をつるつるに仕上げてくれる美容効果の高いクリームやジェルなどを塗りこんでくれるので、より綺麗な肌へと生まれ変わることも可能なのです。
このような効果は、他の脱毛方法である毛抜き処理や抑毛クリームなどでは決して現れないものなので、脱毛の中でも特に髭脱毛は受ける価値が高いといえます。
青ひげの解消には肌を黒く日焼けすることが良い、とも言われていますが、脱毛サロンと同時に進行することはできません。
肌を焼いてしまうとレーザーに反応して火傷してしまうため、脱毛サロンやクリニックでの施術を受けられなくなりますので、注意しましょう。

クリニックで受ける髭の脱毛には健康保険が適用されるの?

クリニック系の脱毛サロンでは、脱毛を進めるための機材に医療用のレーザー装置を使用されているケースがあります。
このような店舗は医療機関なのですが、髭の脱毛に健康保険を適用して、安く脱毛することは可能なのでしょうか?

 

健康保険制度は、誰でも同じレベルの医療を受けることを実現するための制度であり、健康な人や国がお金を積み立てることで治療を必要としている人たちの医療負担を軽くしています。
しかしどんな医療技術へも健康保険が認められているわけではなく、最先端医療や健康に影響のない美容整形などの医療行為に対しては、適用できないことになります。
髭の脱毛もその一つであり、健康的な生活には直結されないとみなされ、健康保険は適用できないのが実情です。
とはいえ、髭の脱毛は健康と無縁だという意味ではありません。

 

髭を生えっぱなしにしておくと口元が蒸れてしまうために不衛生ですし、かぶれてしまう場合もあります。
脱毛をせず、毎日ひげ剃りをすることでも対処することは可能ですが、人によっては青ひげとなってしまい、見た目に悪い状態の根本的な解決にはなりません。
髭が男性のプライドを引き下げてしまう、強いコンプレックスとなっている場合もあり、自分に自信が持てないと、女性と結婚できる人であってもそのチャンスを逃し、子供を作ることができないという問題にも繋がります。
実は、一部の男性が抱えている真性包茎については、女性との性行為に影響が出て子供の生育に繋がらないことが問題となるため、健康保険が適用される包茎治療があるのです。
髭の脱毛には健康保険を適用することはできませんが、コンプレックスの原因となっているケースだと医療行為としても十分に意味のあるものとなります。
金額こそ少なくとも10万円程度は見積もらなければなりませんが、実際にはカミソリの替刃コスト比較すると、終わりの見える永久脱毛の方がお得とも言えます。
コンプレックスを解消することは病気を治療することと同じくらい大切な事なので、脱毛クリニックなどを積極的に利用するよう検討してみましょう。

 

http://髭脱毛京都なら.com/